<< 医療事務合格率・合格ライン | main | 医療事務と調剤薬局事務の違い >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.15 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務の通信講座

「がくぶん」の医療事務の通信講座を利用すれば、家事・育児・会社勤務の合間のスキマ時間を利用してマイペースで自宅学習ができます。

「がくぶん」の医療事務講座は日本医療事務協会の医療事務検定試験に対応しています。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で、保険診療の点数算定やレセプト(診療報酬明細書)などの知識とノウハウを学びませんか。

多くの種類がある医療事務の民間資格の中でも、日本医療事務協会の医療事務検定は医療機関(病院・診療所)に知られた資格です。

「がくぶん」の通信教育講座で医療事務の知識とノウハウを学べば日本医療事務協会の日本医療事務検定試験をクリアできます。

次に、医療事務の通信講座について概要を紹介します。

1)医療事務資格の任意団体

医療事務関係の資格には公的資格や国家資格はありません。

医療事務の資格は民間団体が認定します。

医療事務の認定資格にはいろいろな種類がありますが、日本医療事務協会の医療事務検定は医療機関(病院・診療所)で役立つ資格です。

民間資格を選ぶポイントは業界に認知されている資格を選ぶことです。

「がくぶん」の通信教育講座の医療事務の医科コース・医科DVDコース・歯科コースは日本医療事務協会の日本医療事務検定に対応しています。

日本医療事務教育協会の日本医療事務検定試験をクリアするには、「がくぶん」の医療事務講座がベストです。

2)生涯学習奨励講座

優れた通信教育講座は(社)日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座と(社)全国産業人能力開発団体連合会から優良講座として認められます。

日本通信教育振興協会は、民間社会通信教育の健全な発展向上を図るために設立された団体です。

全国産業人能力開発団体連合会は、産業人の能力開発を実施するために設立された団体です。

通信教育講座を選ぶときのポイントは、(社)日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座と(社)全国産業人能力開発団体連合会から認められた優良講座を選ぶことです。

「がくぶん」の医療事務の通信講座は、(社)日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座と(社)全国産業人能力開発団体連合会から認められています。

3)ステップアップ学習方式

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の医療事務の通信講座の特徴はステップアップ学習方式と専任講師による個人指導です。

ステップアップ学習方式なので、保険診療の点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成の経験がない初心者でもスムーズに学習を進められます。

専任講師による個人指導の通信教育システムなので各個人の習得程度に合わせて講座を進められます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座の特徴は、ステップアップ学習方式と専任講師による個人指導です。

「がくぶん」の通信教育講座は(社)日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座と(社)全国産業人能力開発団体連合会から優良講座として認められます。

「がくぶん」の医療事務講座で学んで日本医療事務教育協会の日本医療事務検定をクリアしませんか。






スポンサーサイト

  • 2016.07.15 Friday
  • -
  • 19:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク